更年期についての紹介ページです。

 

更年期の方へ

更年期を美しく、ラクに過ごすために

生殖期から生殖不能期への移行期は、外見の変化に加えて体内のホルモンの激変により様々な心身の変化を体験しますが、自然の摂理ともいえる老いへの過渡期をいかに楽にやり過ごすかは、この時期公私にわたって責任ある立場におかれることの多い熟年世代にとって大きな課題です。

卵巣が老化して卵子の産生と生殖に必要なホルモン産生ができなくなり、月経が終了して12ヵ月以上経過した状態をもって、閉経と呼びます。
更年期とは、一般的に閉経前5年間と閉経後5年間の計10年間を指し、年齢でいうとほぼ45~55才がこれにあたりますが、早い人では40才頃に閉経して更年期を迎えるケースもあれば、遅い人では50代後半まで月経が続くケースもあります。

このような更年期における心身の不調の中でも疾患を伴わないものを更年期症状、症状が深刻で日常生活に支障を来すレベルを更年期障害と位置付けます。

更年期とは、一般的に閉経前5年間と閉経後5年間の計10年間を指します。

更年期障害の症状

血管運動神経障害様症状

顔が熱くなる(ほてる)、汗をかきやすい、腰や手足が冷える、息切れがする。

知覚障害様症状

手足がしびれる、手足の感覚が鈍い。

不眠

夜なかなか寝付けない、夜眠っていてもすぐ目を覚ましやすい。

神経質

興奮しやすい、神経質である。

憂うつ

つまらないことにクヨクヨする(憂うつになることが多い)。

めまい

めまいや吐き気がある。

全身倦怠感

疲れやすい。

関節痛・筋肉痛

肩こり、腰痛、手足の節々の痛みがある。

頭痛

頭が痛い。

心悸亢進

心臓の動悸がある。

蟻走感

皮膚をアリがはうような感じがある。

更年期障害の主な原因

主な原因:女性ホルモンの分泌が、大きく乱れながら低下

主な原因は、女性ホルモン(エストロゲン)の激変といわれていますが、女性ばかりでなく、男性にもあるといわれる更年期障害。

加齢により女性ホルモン、男性ホルモンが低下する過程で分泌量が乱高下し、これらホルモンを刺激するための中枢レベルでのホルモンバランスが変わったり、ホルモンの受容体の反応が弱くなったり、血管が硬くなってスムーズに拡張したり収縮したりできなくなったりすることで、アクティブモードの交感神経とリラックスモードの副交感神経の切り替えがうまくいかなくなり、自律神経機能が低下し、血流が滞り、熱の分布が乱れることで、イライラだったりホットフラッシュだったり不眠だったり、いわゆる更年期障害と呼ばれる様々な症状を引き起こすのではないか、と考えられています。

主な原因

一般的な更年期障害の治療法

更年期障害の治療として、一般的には以下のような方法がありますが、下記の治療による副作用の報告もあり、治療を躊躇するケースもあります。

ホルモン補充療法

減少した女性ホルモン(エストロゲン)を補充します。経口剤や経皮剤があります。

漢方薬

多様な症状の緩和に用いられます。

向精神薬

ホルモン補充療法が無効なケースや精神神経症状が強い場合には、抗うつ薬や抗不安薬が処方されることもあります。

体温連動型 全身温熱療法の活かし方

これらのような更年期障害に悩む50代女性に全身温浴療法を試みたところ、特に下半身に集中していた冷えが解消され、自律神経機能の数値が上がり、短期間に自覚症状が軽くなって、心身ともに安定化に向かう傾向を示すケースもみられています。

このような症状の軽減や解消には、古くから温泉療法に認められている自律神経の調整作用の他に、温熱刺激により脳内に分泌される神経伝達物質のβエンドルフィンや、同じく温熱により体内に増えるヒートショックプロテイン(HSP)の作用が関わっていると考えられます。一般的にβエンドルフィンには鎮痛作用がありますが、その他に下垂体ホルモンや消化管ホルモンの分泌を促したり、精神神経活動を調節したりする作用が認められています。また、HSPの中にはステロイドホルモン受容体としてはたらくタイプのHSPがあり、これが温熱により活性化されて、加齢により低下した女性ホルモンがより効率的に作用するようにサポートをすることが報告されています。

以上のような温熱刺激に反応する様々な因子が、更年期症状の軽減あるいは解消につながるのではないかと考えられています。

データから読み取る効果

更年期症状を訴える女性に全身温熱療法を実施したところ、早い例では2回目の温熱施術終了後からクッパーマンの更年期指数*(総合評価)に改善がみられました。
*身体的症状や精神的症状に基づいて更年期障害の程度を評価します。

更年期指数(総合評価)