体験者の声の紹介ページです。温熱療法を実際に体験された方の感想を掲載しています。

体験者の声

体温連動型 全身温熱療法を体験していただいた方から感想をいただきました。
*体験者個人の感想ですので、効果効能を保証するものではありません。

嗅覚神経芽種・舌・歯肉・甲状腺がん

嗅覚神経芽腫

26歳・男性・静岡県

鼻の中にできた腫瘍を切除した後、放射線照射を勧められましたが、嗅覚障害がこれ以上ひどくなるのが嫌で、全身温熱療法を選びました。7回受けた後の検査では腫瘍マーカーが下がり、嗅覚も回復し、放射線治療は受けないまま8年経ちました。それまで指摘されていた肝機能の数値も正常に戻ったのは嬉しい副産物です。

舌がん

63才・男性・福岡県

舌がんで頸部リンパ節郭清を含む手術をした後、3年で左鎖骨上リンパ節にがんが見つかり、放射線治療を受けました。その後白血球が少ない状態が続き、なんとか免疫力を上げたいと思っていたところ、全身温熱療法というものを知りました。白血球が目に見えて増え、もっと早くから知っていれば再発も防げたのではないかと思っています。

下顎歯肉がん

65才・男性・愛知県

下顎歯肉がんと診断されて下顎骨切除術を行った後、翌年再発し、主治医から放射線治療を勧められましたが、こんなに早く再発したのがショックで体質を変えたいと思い、全身温熱療法を選びました。痛くない、辛くない治療で、何よりスタッフの温かい対応で気持ちが穏やかになりました。

甲状腺がん

59才・女性・山梨県

甲状腺がんでリンパ節転移があり、主治医の先生からは全摘手術を勧められましたが、切る前に何かできることはないかと探している時に、全身温熱療法に出会いました。2ヵ月の間に10回の温熱治療を受けて、再度検査したところ、超音波検査では甲状腺内に3個の腫瘤があるものの、病理組織学的検査ではいずれも良性と診断され、手術せずにしばらく様子をみることになりました。手足の冷えもなくなり、治療前に比べて体調がすこぶるいいのが嬉しいです。

肝細胞がん・直腸がん

肝細胞がん

78才・女性・大阪府

C型肝炎から肝細胞がんを発症し、できる治療は全てしましたが、また再発したため、1ヵ月半の間に14回のソアラαを受けました。年齢的に治療に耐えられるか心配でしたが、看護師さんが丁寧に介助して下さって、1回目から安心して気持ちよく体験させて頂きました。5回目くらいから、だんだん体力がついてくるのがわかりました。これは人を元気にしてくれる治療です。

肝細胞がん

64才・男性・静岡県

C型肝炎から肝細胞がんへ進み、再発を繰り返していました。これ以上同じような治療を受けても意味がないと考えて、思い切って3ヵ月間集中して全身温熱療法を受けました。治療前は白血球が少なく、力が入らず、誰かに支えられないと歩けないほど弱っていましたが、治療5回目くらいから白血球が増えてきて、1ヵ月経つ頃には力が戻ってくるような感覚があり、そのうち自分で車を運転して治療に通えるまでになりました。温熱療法で体も心も元気にしてもらいました。

肝細胞がん

69才・男性・大阪府

C型肝炎から肝細胞がんを発症し、4回目に再発した時、たまたま知人より全身温熱療法の話を聞き、体を温めることは悪い事ではないだろうと試しに受けてみました。1回目の治療は疲れたものの、その晩は何年ぶりかでホテルの部屋で熟睡し、翌朝は久しぶりに爽快な気分で起きました。関西に温熱療法のクリニックがあれば、続けて通いたいです。

直腸がん

61才・男性・静岡県

直腸がんで手術を勧められていましたが、手術前に体力をつけておきたくて、全身温熱療法を受けました。治療を始めてから、顔のつやがよくてがん患者とは思えないと言われることが多くなり、希望が持てるようになりました。

乳がん・子宮がん

子宮がん

61才・女性・石川県

子宮がんで手術しましたが再発し、多臓器に転移して抗がん剤治療を1クール受けましたが、副作用が強くて2クール目が受けられなくなり、何もできないのがとても不安でした。全身温熱療法が抗がん剤の副作用を軽くすると聞いて、ワラにもすがる思いで受けたところ、半年ぶりによく眠れたせいか翌朝食欲が出て、久しぶりにご飯がおいしいと思えました。お風呂がこんなふうに体にいいことを、もう少し早く知っていたらと思います。

乳がん

44才・女性・東京都

乳がんのリンパ節転移で、全摘手術をする予定でしたが、手術までに時間があったのでその間何もしないのも不安で、全身温熱療法を受けてみました。治療は最初の30分はとても気持ちよく、後半は熱さで辛くなってきますが、看護師さんが飲み物を飲ませてくれたり、顔を冷やしてくれたり、楽しく会話してくれたりして、なんとか治療をやり遂げることができました。至れり尽くせりの治療で、先生方、看護師さんの温かさを毎回感じて、通うのが楽しみでした。もう少し料金が安ければ、再発予防にずっと続けたいです。

乳がん

40才・女性・静岡県

乳がんのリンパ節転移で、手術日の予約はしていたのですが、体力にも自信がなかったため、手術を2ヵ月延期して、主人がネットで探してきた全身温熱療法を2ヵ月間に16回受けました。その後手術をしましたが、こんなに傷の治りが早い患者さんは珍しいと主治医に驚かれました。私は温熱療法のおかげだと思っています。

乳がん

49才・女性・シンガポール

乳がん手術が終わってほっとしたものの、再発の不安がだんだん大きくなり、何か予防法はないかとネット検索していたところ、全身温熱療法を見つけ、理にかなっていると思いました。一時帰国して1ヵ月半の間に10回の治療を受けて、体から毒が抜けて生まれ変わったような気持ちになりました。1年に1回くらい治療を受けてメンテナンスできたらいいなあと思います。

抗がん剤の副作用が軽減した症例

肺腺がん

57才・男性・茨城県

皮膚の黒ずみがきれいになりました。肺腺がんで抗がん剤治療を受けました。抗がん剤の副作用の中では、額や手足の指先の皮膚に色素が沈着して黒ずみがひどいのが特に気になりましたが、体温連動型 全身温熱療法を受け始めて、周囲から顔色が良くなったと言われるようになり、また体温連動型 全身温熱療法と高濃度ビタミンC点滴の組合せを受けるようになってからは指先の黒ずみも回復して、今ではすっかり元通りの皮膚に戻りました。

肺がん

64才・男性・東京都

肺がんで右肺上葉切除後、4年で両肺に再発し、抗がん剤治療を受けましたが肝臓の数値が悪くなり、抗がん剤はいったん中止して免疫療法に切り替えました。ところが、がんが大きくなってきたため、翌年再び抗がん剤治療を開始しましたが、今度は全身に湿疹が現れて炎症を起こし、やはり抗がん剤は中止せざるを得ませんでした。そんな時に体温連動型 全身温熱療法と出会い、数回の施術で全身の湿疹がきれいに消えたのです。再度抗がん剤が使えるようになり、また体温連動型 全身温熱療法を始めてから免疫細胞の増え方もよくなって、肺に多発性にあったがんは現在ほとんど見えなくなっています。

乳がん

45才・女性・千葉県

白血球の回復が早く、抗がん剤治療をほぼ計画通りに受けることができています。日頃から冷え性に悩んでいたため、乳がんの手術が決まった時に、先に体質を変えたいと思い、体温連動型 全身温熱療法を始めました。体温連動型 全身温熱療法を4回受けた後、全摘手術に臨み、手術後は抗がん剤治療の合間に体温連動型 全身温熱療法を受けています。抗がん剤で白血球はいったん減りますが、体温連動型 全身温熱療法を併用することで副作用が軽くなるようで、ほぼ計画通りに抗がん剤治療を受けることができています。

子宮平滑筋肉腫

50才・女性・東京都

抗がん剤による脱毛からの回復が早くなりました。子宮平滑筋肉腫で、手術後抗がん剤を6サイクル受けた後、再発予防に体温連動型 全身温熱療法を始めました。抗がん剤の副作用で脱毛がありましたが、体温連動型 全身温熱療法を始めてから明らかに髪の伸びが早くなりました。