がんの原因と育ちやすい環境の紹介ページです。がんの原因やがんの育ちやすい環境、がんの増殖と体温の関係などを掲載しています。

 

がんの原因と育ちやすい環境

なぜがんになるのか?

サーモセルクリニックに来院された患者様から「なぜがんになるのか?」とご質問をいただくことがよくあります。
がんになる原因の研究は盛んに行われており、1996年にハーバード大学(アメリカ)のがん予防センターが、喫煙、食事、運動、飲酒をはじめとする生活習慣要因が90%以上を占めると発表しています。当院もこのデータを元に、治療方針に役立てています。

米国人のがんの原因

確立したがんの要因のがん死亡への
推定寄与割合(%)

  1. 喫煙30%
  2. 成人期の食事・肥満30%
  3. 座業の生活様式5%
  4. 職業要因5%
  5. がんの家族歴5%
  6. ウイルス・他の生物因子5%
  7. 周産期要因・成長5%
  8. 生殖要因3%
  9. 飲酒3%
  10. 社会経済的状況3%
  11. 環境汚染2%
  12. 電離放射線・紫外線2%
  13. 医薬品・医療行為1%
  14. 塩蔵品・他の食品添加物・汚染物1%

Harvard Center for Cancer Prevention: Harvard Report on Cancer Prevention, Volume
1: Causes of Human Cancer,Cancer Causes Control 1996 ;7:S3-S59.

喫煙

喫煙は肺がんをはじめとする様々ながんの原因であることがわかっています。たばこの煙は、4,000種類以上の化学物質を含み、そのうち有害物質は200種類以上、発がん性物質の疑いがあるとされるものが約60種類と言われています。その影響を受けるのは、たばこの煙の経路となる喉、気管支、肺等、呼吸器系の臓器だけではなく、発がん性物質のいくつかは血流に乗って運ばれ、あらゆる臓器に影響が及びます。さらに、受動喫煙では、肺に対して発がん性があることも確実とされています。

運動

運動は、多くの疫学研究において、生活習慣病だけでなく、がん発症および再発を予防するという報告がされています。そのメカニズムは、ホルモン、IGF-1に対する影響の他、免疫機能の増強などまだはっきりとしたことはわかっていませんが、がんの発症・再発率は、特に大腸癌、乳癌、前立腺癌において、優位に下がることが証明されています。中程度の強度の運動(遅めのジョギング・水泳など軽く息がきれる程度の運動)を1日30分〜1時間行うことが推奨されています。

飲酒

飲酒は、発がん物質が体内に取り込まれやすくする作用、アセトアルデヒドによる影響、薬物代謝酵素への影響、エストロゲン代謝への影響、免疫抑制、栄養不足等によるメカニズムが考えられます。飲酒頻度や飲料の種類よりもエタノール摂取量との関連が強いと考えられています。アルコールの通過経路である口腔、咽頭、食道等の上部消化管のがん、体内に吸収されたアルコールの分解を担う肝臓のがん、ホルモンと密接な関連を持つ乳房のがんのリスクをあげることが確実とされています。また、日本人を対象とした疫学研究(えきがくけんきゅう)では、喫煙者に限って、飲酒量が増すほどがん全体のリスクが高くなるという相互作用が観察されています。

食事

食事と肥満は、がんの原因の30%を占めています。がんと食事の関係については、疫学研究やがんサバイバー研究により多くのことがわかってきています。すなわち、「がんにならなかった方はどのような食事をとっていたか?」「がんと診断されたけれどよくなった方はどのような食事をとっていたか?」これらに共通するのが『プラントベースのホールフード』つまり、植物性中心の未加工の食品です。野菜や果物などをなるべく未加工の状態で多くとり、糖分や塩分、油の摂りすぎを減らし、肉食を減らしている人にがんの発生が少なく、サバイバーが多いということがわかっています。分子生物学の発展により、このような食事が細胞にどのような影響を及ぼすのかがわかってきました。がん細胞には正常細胞とは異なる特有の代謝があり、それにより腫瘍微小環境がつくられています。特徴的なものとして、以下のようなものがあります。

1)ワールブルグ効果(好気性解糖)

がん細胞は主に糖代謝によりエネルギーを得るので糖質を減らすことが重要です。

2)Na+/H+ exchangerの活性化

がん細胞では、糖代謝により産生された酸の排出のためNaを必要としています。そのため、過剰な塩分は控えた方がよいでしょう。

3)IGFシグナルの活性化

IGFは成長ホルモンであり、過剰なIGFにより腫瘍細胞の増殖の危険が高まります。過剰な乳製品の摂取や肉食は、IGFを増やすと言われています。

4)FASN(脂肪酸合成酵素)の活性化

がん細胞では、細胞増殖する際に大半の脂肪酸を自ら合成することがわかっています。脂肪酸合成酵素の阻害にはとくに果物類などの植物性食品が必要です。

5)炎症反応の亢進

がんの進行には炎症反応が関わっていることがわかっています。炎症を抑えるためには植物性食品をしっかりとることと、良質な油の摂取が重要です。

以上のように、食生活はがん代謝および腫瘍微小環境に影響し、それががんの発生や治療成績に関与する可能性があると考えられています。

がんの増殖と体温の関係

生体のエネルギー通貨はATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれ、その大部分は細胞内のエネルギー産生工場であるミトコンドリア(細胞内小器官)で、赤血球によって運ばれてきた酸素と食事によって得られた養分から作られます。
私たち人間は体温を37℃に維持する恒温動物ですが、体内のエネルギー代謝全体の実に75%が体温を一定に維持するのに使われているといわれます。

体温を維持するエネルギー

したがって、血流が悪くなって酸素や養分が組織に届きにくくなり、体内でのエネルギー産生が低下すると、からだ全体のエネルギー量が減ってきます。するとからだは、生命活動に最も大切な心臓や脳など核心部の体温だけはなんとか37℃に維持しようとして、核心部から遠い末梢の血管を収縮させて熱を逃がさないようにするため、血流が不足して熱を運べなくなり、“冷え”を感じるようになります。

冷えの原因は血流不足

エネルギー量が減ってくると、からだはエコモードに入り、活性酸素を分解する還元酵素の合成を止めてしまいます。過剰な活性酸素は遺伝子を傷つけ、炎症を招き、老化を早め、がんの進行にも影響を与えます。
冷えは代謝能、抗酸化能ばかりか、免疫能にも影響を及ぼします。
がんに対する免疫を担うTリンパ球やNK細胞、樹状細胞などは、互いに情報共有しながらがんという異物に対して攻撃をしかけますが、血流が悪い低体温の状態では、情報伝達に支障を生じるためがんを見つけにくくなり、攻撃力も低下して、がんの増殖の勢いに負けてしまうことがあります。

冷えは代謝能や抗酸化能、免疫能を低下させる

血流不足が招くのは、身体の冷えだけではありません。
特にがん組織の内側やその周囲に酸素が届きにくい状態になると、がん細胞は低酸素の環境下でも生き延びようとして、普段とは違う遺伝子の使い方をするのです。その一つが、HIF-1(低酸素応答因子)と呼ばれる遺伝子のスイッチをオンにすることです。
HIF-1はがん患者さんだけが持つ遺伝子ではなく、誰でも同じように持っている遺伝子で、平常状態の時はスイッチをオフにしています。ところが、低酸素をきっかけにしてこの遺伝子が活発に働き始めると、血管新生、嫌気性代謝(酸素を使わない非効率なエネルギー産生)、アポトーシス抵抗性など、がんの進行を誘導するその他の遺伝子が次々スイッチをオンにしていきます。 これら遺伝子が良い方向に働くか、悪い方向に働くかは、遺伝子自身の問題というよりも、遺伝子を取り巻く環境の作用が深く関わっているといえます。

血流不足による低酸素ががんの増殖を後押しする

では、そもそも血流が悪くなる原因は何でしょう。
血管は収縮と拡張を繰り返して、心臓から酸素をふんだんに含んだ血液を末梢組織へ送り出していますが、ふだんこの血管のはたらきを調整しているのは自律神経です。自律神経には、アクティブモードの交感神経とリラックスモードの副交感神経があり、この2系統の神経が必要に応じて切り替わることでバランスを保っています。ところが、ストレスなどで交感神経の刺激が続くと、神経伝達物質であるアドレナリンの分泌により血管は収縮し、末梢への血流は滞りがちになります。
では副交感神経が優位であれば問題解決かというと、これがそういうわけでもないのです。
副交感神経優位な状態が長期間続くと、末梢血管は拡張したままとなり、末梢から熱が逃げやすくなって今度は深部が冷えてきます。
交感神経と副交感神経はどちらに偏りすぎても血流を阻害し、エネルギー産生を低下させ、冷えを招くと考えられます。必要に応じて交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいってはじめて、血流良好な状態が保たれるのです。

血流を調整する自律神経

「冷え」を改善してがんに負けない身体を作るために、いちばん簡単にできてしかもいちばん有効なのは、外から全身を適度に温めて、深部の体温を上げることです。
体温が上がると、からだは熱を逃がそうとして血流を増加させます。末梢循環が亢進することで溜まった老廃物の排出が促され、細胞のエネルギー合成に必要な酸素と養分の運搬が盛んになります。体内での生化学反応は、マイルドな発熱範囲であれば体温が高いほど活発になり、エネルギー産生も向上します。
身体を温めることを繰り返すと、エネルギー工場であるミトコンドリアの数が増えてきます。すると、次第に外から熱をもらわなくても自分で十分な熱エネルギーを作れるようになり、代謝活性の高い状態を維持できる身体になってくると考えられます。
また、ふだんは血流を支配している自律神経ですが、加温により血管が拡張して呼吸が活発になり、加温後これらの生体反応が元に戻ることで、逆に自律神経を刺激する結果、交感神経と副交感神経の偏りが調整され、必要に応じた自律神経の切り替えがトレーニングできるものと考えられます。

適度な温めでがんに負けないからだ作りを

温浴の特徴を活かして体を芯から温め、温水を精緻にコントロールする技術により、再現性と安全性を確立した全身温熱療法は、現在医療現場でも注目を浴びています。