がんに負けない体と食事 講演会の紹介ページです。学会活動コラムを掲載しています。

 

更新日:2018.03.28

がんに負けない体と食事 講演会

2018年2月9日、アグネスホテル東京にて、がんに負けない体と食事 講演会が開催され、研究開発担当の奴久妻 智代子が参加しました。

京都大学名誉教授でからすま和田クリニック院長の和田洋巳先生の講演では、がんに負けない体づくりのためにできる4つのこととして、日々の生活に取り入れられる工夫をデータに基づいてお話し頂きました。
サーモセルクリニックの非常勤医師でもある浜口玲央先生からは、日常的な食事習慣で体を変えることの意義や、自分の食生活がうまくいっているかどうかを知る一つの指標として家庭でも簡単にできるチェック法について教えて頂きました。
また、料理監修の樫幸さんからは、実際に患者様がどのような食材を選んだらよいか、どのように調理したらよいか、より具体的なお話を伺うことができました。

がんに負けない体づくりのための食事習慣や入浴、運動などは、常に意識しながらしっかり取り組むというよりは、そのような生活を自然な形で日常にしてしまうのが理想です。