自宅で重炭酸入浴の紹介ページです。斎藤院長コラムを掲載しています。

 

更新日:2018.03.22

自宅で重炭酸入浴

重炭酸入浴とは、重炭酸イオンが溶けたぬるま湯(35℃〜38℃)に15分以上の長湯をするという入浴法です。入浴の質を高めることで血流を上げ、身体を芯から温める入浴法です。

「薬用 重炭酸湯(医薬部外品)」の特徴

いわゆる「炭酸泉」は美容効果も高くヘッドスパや化粧品などにも活用されていますが、自然界に存在する自然炭酸泉で重要なのは、水に溶け難く数分で空気中に飛んでしまう「炭酸ガス」ではなく、炭酸ガスが湯中に溶け出すと同時に変化する「重炭酸イオン」だと言われています。ドイツや大分長湯温泉などの自然炭酸泉のpHを調べてみると6.7~7.1の中性pHです。このpHでは炭酸ガスは湯中に存在できず、ほとんどが「重炭酸イオン」に変化しています。この「重炭酸イオン」が自然炭酸泉の温浴効果や清浄効果を高め、血流を上げ、肌をスベスベにし、体を温めているものと考えられています。
(※院内で使っている人工炭酸泉は、人工炭酸泉製造装置を使用して炭酸ガスを高濃度(1,000ppm)に溶存させたもので、pH4.5~5.0です。)

・世界で初めて重曹とクエン酸の錠剤化に成功。(特許取得済み)
・有効成分が温浴(入浴)効果を高め血行を促進。体の芯から温まり湯冷めしにくい。
・重炭酸イオンと水素イオン、クエン酸のトリプル効果。
・気になる臭いの元をきれいに洗い流します。
・発生した炭酸ガスは24時間持続可能。

自宅で温活をはじめましょう!

サーモセルクリニックでは、ご自宅のお風呂にポンと入れるだけの「薬用 重炭酸湯(医薬部外品)」を取り扱っております。自然炭酸泉のようなまろやかな湯ざわりで保温効果が持続します。
治療日以外のご自宅での入浴や、身体の冷えを日頃から感じる方にお勧めしております。
1回分 120円(税別)もご用意しておりますので、是非お試しください。